動物系・植物系・成分系…精力剤の効果をタイプ別に紹介

動物系・植物系・成分系…精力剤の効果をタイプ別に紹介

44view

2018.07.30

需要が高まる精力剤市場

精力剤がバカ売れしている今

男としての機能を誇りたい、疲労に負けない体作りをしたい…という悩みは男性なら誰でもあるはずです。男性なら誰でも「オスとして優秀」でありたいもの。これらの悩みに関して、力比べや体力的な問題でしたらトレーニングでカバーすることができますが、問題は夜の悩みです。

セックス時の中折れや早漏などといった悩みは日頃のトレーニングではなかなか解消することができません。努力で解消することができない性の悩みは非常に深刻です。どんなに力持ちで体力的に優れていたとしても、セックスが弱いと男性は自分に自信を持つことができません。

そんなデリケートな男性問題を解決してくれるのが「精力剤」の存在です。現在男性用の精力剤は数多く市場に出回っています。男性機能に自信の無い方、また体力に自信の無い方はこういった精力剤を利用するのも解決方法の1つです。

精力に自信のない男性が増えた

近年EDに悩む男性が増加していると言われています。EDに悩む男性は40代から60代が中心となりますが、最近では20代から30代の男性が増えてきています。EDの原因は、ストレスや生活習慣病、精神的問題などが関係しているといわれています。また 生活リズムの乱れ、過労などからもEDに発展すると考えられます。

これらの原因を見ると、体質的なこと以外の外的要因が多いため早めの対処・対策で解消することができる場合があります。仕事でのストレスが大きい場合には転職を考える、生活習慣に乱れがある場合生活リズムの見直しを図るなどして自然な改善法を日常に取り入れることをお勧めします。

こういった改善方法を取り入れても解決しない場合は、精力剤を使用してみるべきでしょう。精力剤には日常生活では摂取しづらい滋養強壮成分が豊富に含まれています。含まれている成分がご自身の体質に合えば、きっと悩みのED、精力減退を解決することができるはずです。

精力剤にも色々と種類がある

一口に精力剤といっても、様々な形状やタイプのものが市場に出回っています。主要成分も異なり、それにより効果も違います。また同じ成分でもここで「合う・合わない」がありますので、風邪薬のような万人に合う精力剤を紹介することは難しいことといえます。以下では様々なタイプの精力剤について、特徴や得られる効果をそれぞれ紹介していきます。

精力剤のタイプについて

精力剤は3つのタイプに分類される

精力剤は使用している原料により成分系・動物系・植物系という3つのタイプに分類することができます。上記した通りこれらのタイプにより得られる効果やメリットは異なります。ご自身が期待している効果・効能がはっきりしている場合、精力剤をタイプ別に選び使用するとよいでしょう。

成分系

成分系の精力剤は勢力の元となる成分を組み合わせて作られたもの。主にアルギニンやビタミン、亜鉛(ミネラル)、シトルリン…などの成分を組み合わせた精力剤となります。様々な食品から成分のみを抽出して作られているため、効率よく精力成分を摂取できるメリットがあります。

しかし、成分系精力剤には副作用の危険性があります。アルギニンや亜鉛、鉄分などのミネラルは過剰摂取すると中毒症状起こし最悪の場合死に至る危険性があります。飲み過ぎは逆に体をボロボロにしてしまう恐れがありますので適量を守りながら利用することが大切です。

植物系

こちらは植物由来の原料を使用した精力剤となります。著名なところでマカやニンニク、クラチャイダム、高麗人参などがベースとなったものが該当します。一昔前の考えでは成分系の精力剤の方が効果を期待できる、と言う考えでしたが現在は植物系の方が体への負担が少なくナチュラルな効果が期待できる…と言う考えにシフトしています。植物性由来成分がベースとなっていますので、安心して利用することがでるタイプの精力剤です。

動物系

最後に紹介するタイプが動物系精力剤。こちらはスッポンやオットセイ、ハブ、マムシ、トナカイの角など動物由来の成分をベースとしたものです。これらは昔からある漢方系の精力剤によく使われています。ハブは交尾を長時間かけて行うことや、トナカイはオスがハーレムを作る…などといった生態系に着目してこれらの動物由来成分が使われるようになりました。

このような理由を知ると迷信に近いイメージを抱くかもしれませんが、もちろんこれにはしっかりとした裏づけがあります。上記した動物からとれる成分には滋養強壮に効くアルギニンやアミノ酸が豊富に含まれています。

したがって動物系精力剤が1番体に合う…と言う方も実際多く存在します。またアルギニンやアミノ酸といった成分は抗酸化作用、つまりアンチエイジングが期待できますのでお肌の美容効果も期待できます。したがって動物系精力剤は女性の方にもお勧めです。

それぞれのタイプのメリットデメリットについて

それぞれのタイプのメリットについて

精力剤の要となる部分は何の成分がベースで、それによりどのような効果や効能が期待できるか、という点です。この面から見ると成分系の精力剤は濃縮された成分が豊富に含まれている為、精力成分を効率よく摂取することができます。その為成分系精力剤は即効性を求めるときに最も適したタイプとなります。

動物性の精力剤はベースとなっているのが動物から採取した天然由来成分となっている為ナチュラルな効果を期待することができます。漢方に使われているように長く続けることによりじわじわと効果を実感できるタイプと言えます。

植物性の精力剤も天然由来成分系がベースとなっており、しかも植物性ということでさらに消化器官に負担をかけることなく精力成分を摂取することができます。現在市場に出回っている精力剤はマカやガラナ、クラチャイダムなど植物由来の成分をベースとしたものが多く出回っている為、主力のタイプと言うことができます。

成分系精力剤における副作用の危険性について

精力剤を利用する際には、必ず適量を守り使用することが大切です。特に成分系精力剤に含まれるアルギニンや、亜鉛、などの成分の過剰摂取には注意が必要です。

  • アルギニンの副作用…喘息、頭痛、胃腸不全、巨人症
  • 亜鉛の副作用…吐き気や下痢などの中毒症状

成分系精力剤を過剰に摂取すると上記のような副作用を引き起こす可能性があります。もちろん、動物性由来の精力剤にもこれらの成分が含まれる場合がありますが、成分系精力剤のように濃縮された成分が含まれている訳ではないので過剰摂取を回避することができます。またこれらは天然由来のナチュラルな成分となりますので体が穏やかに吸収してくれます。

動物性精力剤のデメリット

動物性精力剤のデメリットとしてはマムシやハブ、ムカデ、蜂の幼虫、動物の睾丸など、グロテスクなものが成分として含まれていること。これは古くからある漢方に由来する成分で、豊富な精力成分が含まれているのですが…想像しただけで口からの摂取を受け付けられないものが多くあります。デリケートな方は摂取を控えた方が良いかもしれません。

オススメは植物系精力剤

植物系は安心して利用できる

上記したように成分系や動物系精力剤は特有のデメリットがあります。勿論きちんと適量を守って摂取すればこれといって問題はないのですが、結果を焦って過剰摂取すると後々しっぺ返しを食う可能性があります。その点安心なのが植物由来成分がベースとなった精力剤です。植物由来の精力剤は効き目が穏やかですが、体に対する負担が少なく比較的安心して使用することができます。

特にマカやクラチャイダムなどと言った成分は強い副作用もなく、利用者からも好評を得ています。おすすめ商品としては、すこやか工房「マカDX」、ネイチャーシードのクラチャイダムなど。勿論これらも適量を守りながら摂取する必要がありますが、利用者からの口コミも良く、安心して利用することができる精力剤です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る